財団法人行政書士試験研究センター
HOME ご挨拶 組織・運営 リンク お問合せ
試験の実施
試験結果
試験結果分析資料
試験委員名簿
行政書士となるには
試験問題
研究・調査

行政書士試験に関するQ&A

試験日程・試験科目について
試験案内・受験願書について
受験の申込みについて
受験資格について
試験地・試験場について
合格証の紛失について 
氏名の変更について
合格発表について
合格基準について
特例措置について

試験日程・試験科目について
問1 試験日程と試験科目(出題方法)を教えてください。
 平成28年度行政書士試験の日程及び試験科目、試験方法は次のとおりです。
<試験日及び時間> こちらをクリックしてください。

試験案内・受験願書について
問2 試験案内や受験願書は、いつ、どこでもらえますか。
 平成28年度行政書士試験の試験案内及び受験願書は、8月1日(月)から次に記載された場所で、9月2日(金)まで配布します。
<別表第二 試験案内・受験願書配布場所> こちらをクリックしてください。
問3 試験案内や受験願書を、郵送してもらうことはできますか。
 平成28年度行政書士試験の試験案内及び受験願書は、郵便で請求することもできます。
下記によりご請求ください。
<試験案内及び受験願書の配布> こちらをクリックしてください。

受験の申込みについて
問4 受験申込みはどのように行うのですか。
 平成28年度行政書士試験の受験申込みは、郵送による受験申込み方法とインターネットによる受験申込み方法の2通りがあります。
<受験申込み> こちらをクリックしてください。

受験資格について
問5 受験資格を教えてください。
 年齢、学歴、国籍等に関係なく、どなたでも受験できます。

試験地・試験場について
問6 試験地を教えてください。
 平成28年度行政書士試験の試験地及び試験場は、別表第一の次に掲げるとおりです。
<試験地及び試験場一覧> こちらをクリックしてください。
問7 試験場は希望どおりになりますか。
 試験場は、先着順に受け付けます。
 同一都道府県内に複数の試験場があるところで、受入予定人数を超えた試験場については、当センターにおいて、受験申込者が選択した試験場を同一都道府県内の他の試験場に変更しますのでご了承ください。
<試験場所> こちらをクリックしてください。
問8 自分の試験場はいつ分かりますか。
 平成28年10月中旬に発送する受験票でご確認ください。 
 受験票には、受験番号及び試験場等が記載されています。
<受験票の交付> こちらをクリックしてください。

合格証の紛失について
問9 合格証を紛失した場合には、どうすればよいのですか。
・合格証は再発行できません。
・合格証に代わるもので合格証明書を交付することができます。合格証明書は受験された都道府県の行政書士所管部署で交付します。
・合否通知書を紛失した場合は、センターに申し出ていただければ再発行します。

氏名の変更について
問10 婚姻等で姓が変わりましたが、何か手続きは必要ですか。
合格証には、平成29年1月31日(火)(合格発表日)現在当センターに届出されている氏名・生年月日を記載します。
婚姻等で氏名の変更があった場合は、住所・氏名等変更届に本人であることを確認できる書類(運転免許証の写し等)を添付して速やかに届け出てください。

合格発表について
問11 合格発表日はいつですか。合格者の発表方法を教えてください。
平成28年度行政書士試験の結果発表は、平成29年1月31日(火)です。
発表方法については、次のとおりです。
<試験結果の発表と通知>こちらをクリックしてください。 

合格基準について
問12 合格基準について教えてください。
(1) 合格基準
 次の要件をいずれも満たした者を合格とします。
@  行政書士の業務に関し必要な法令等科目の得点が、満点の50パーセント以上である者
A  行政書士の業務に関連する一般知識等科目の得点が、満点の40パーセント以上である者
B  試験全体の得点が、満点の60パーセント以上である者
(注) 合格基準については、問題の難易度を評価し、補正的措置を加えることがあります。 
(2)  受験者には、合否通知書に配点、合格基準点及び得点を付記して通知します。
 なお、合格基準点は、平成29年1月31日(火)に当センターのホームページにおいて、公表します。
(3)  平成28年度試験問題(著作権に関係するものは除く。)は、平成28年11月21日(月)以降に、また、その正解・正解例等は、平成29年1月31日(火)(合格発表日)以降に当センターのホームページにおいて、公表します。
(4) 公表した内容についての照会には、一切応じられません。

特例措置について
問13 特例措置について教えてください。
 身体の機能に障がいのある方等で、車椅子の使用、補聴器の使用、拡大鏡の持込みなど、受験に際して必要な措置を希望される方には、障がい等の状況により希望される措置を行うことがあります。
<特例措置の実施>こちらをクリックしてください。

 

 

ページトップへ
 
 
【公開情報の転用・引用について】 このホームページに掲載されている全ての情報は、一般財団法人行政書士試験研究センター が著作権を有しています。
法律で認められたものを除き、無断で転用・引用することを禁じます。